ハイヤードライバーのやりがいについて

ハイヤードライバーは「かっこいい」「やりがいがある」などポジティブなイメージの強い仕事のひとつ。守秘義務があるため大っぴらにはいえないようですが、芸能人やスポーツ選手などを乗せることもあります。そのような人と話ができることもあり、その人物について口外できないとはいえ、ハイヤードライバーならではの優越感に浸れることもあるようです。

今の時代は、お客様からの評価をネット上で知ることが多く、良くも悪くもはっきりとした意見を目にすることになります。そのため、常に適当な仕事をしていると、会社そのものを窮地に立たせるような事態にもなりかねません。ハイヤードライバーのやりがいとは、お客様に喜んでもらえることに尽きます。そのため、名指しもしくは自分だと分かる良い口コミや評価を見かけたときは、気分も上がってやりがいを感じるそうです。お客様対応をする仕事は大変さはありますが、感謝されることも多く、それを自分だけではなく周りの人にも分かるような形に残してもらえると嬉しいものです。このように、お客様にストレートに評価される仕事なので、厳しさもありますが刺激的であり、やったことはしっかり返ってくるためやりがいもあります。

また、やりがいは本人の気持ちの持ちようで変わってくるものです。お客様の気持ちを先回りし、お手洗いをドライバーから聞いてくれたり、エアコンの温度調節も気を遣ってくれたりしてくれます。このように、気を遣えることを楽しいと思える人もいれば、面倒だと思う人もいます。前者の場合はハイヤードライバーに向いているでしょう。基本的にそれぞれの特性で向いている仕事をすることがやりがいにはつながっていきます。ハイヤードライバーを志す人のなかで、気が付かない人は厳しいですし、クレームが来る可能性もあります。

海外からのお客様の場合は、帰国されて丁寧にお手紙やハガキにて感謝される方もいますし、次回の来日で指名が入ることもあるでしょう。指名されるというのはお気に入りになっているからこそ。このときほど喜ばしいことはありません。さらに、頑張り次第で報酬に反映されるようなシステムのハイヤー会社であれば、給料面でしっかり結果を出せます。モチベーションアップにもなるでしょう。ハイヤードライバーは大変な仕事ではありますが、あこがれる人が多い仕事です。転職先として希望される人も多く、これまでのスキルを生かしつつ、さらに自分を高めていける数少ない仕事だと思われます。