ハイヤードライバーの研修

ハイヤードライバーは研修がしっかり組まれています。決して安価な料金を払って利用されているわけではないため、それ相当のサービスが求められるからです。料金に見合ったサービスができないとリピーターにはなって貰えませんし、ほかの会社にお客様を取られてしまうこともあるでしょう。また、利用されるお客様が要人や企業の重鎮、政治家などであるため、影響力が大きいことも関係しているのかもしれません。今の時代はすべての情報が正しい、正しくないに関係なくインターネットで得られます。信じるか信じないかはともかく、参考にすることは間違いなく、口コミというのは大きな影響力を持っています。

ハイヤーの研修は入社時に二種免許を持っているか持っていないかでも変わってくるものです。二種免許を持っていない場合は、研修に入る前にまず二種免許を取得することが必要であり、取得してから研修となります。一方、二種免許を持っていれば、すぐに研修に入れます。研修内容は同じですが、免許を持っていないと実際に仕事として始めるのが遅れます。

研修は、基本的に運転技術や接客について学びます。そのなかで言葉使いは大事であり、これまで高い接客スキルが求められてきた仕事をされていた場合はすでに身に付けられているかもしれません。言葉使いひとつで印象はかなり変わるので、しっかり研修が行われます。加えて、地理的な研修も必要です。タクシードライバーからの転職などの場合は、東京の地理に既に詳しいため大変さはありませんが、土地勘がない場合は大変だと感じるでしょう。しかし、多くのハイヤードライバーは土地勘のない状態から入社し、第一線で活躍しているので、やる気さえあれば自然と身につくものです。

その後、同乗研修もあります。上司もしくは研修担当者がハイヤーに同乗することにより、どのくらいのスキルがあるのかチェックします。何度か行われますが、お客様を乗せて独り立ちできると判断されないと同乗研修に時間がかかってしまうでしょう。独り立ちした後も、ドライバー研修は頻繁に行われます。ドライブレコーダーの運転映像を使った研修や、運転技術を高めるために研修用のコースを運転するなど、ハイヤー会社によって取り組みは違いがありますが、研修制度がしっかりしていることだけは共通しています。研修制度が充実しているからこそ、しっかり学ぼうと意欲を高めることもできますし、それだけ重要な仕事なのだと認識することもできるのでしょう。