ハイヤードライバーに必要な資格

ハイヤードライバーを募集しているときに必要な資格として記載してあるのは、普通自動車免許というのが一般的。実際には二種免許という資格も必要ですが、採用後に会社の資格支援サポートにより取得させて貰える場合もあります。ハイヤーやタクシードライバー、代行業として働くにはこの二種免許を取得しなければならず、普通自動車免許取得後3年を経過してから取得できるものです。大卒の新卒を募集する場合は、二種免許を個人的に取得していることはほとんどないため、入社後会社がサポートしてくれることも多いようです。

二種免許というのは、お客様を乗せて走ることができるための免許であり、試験内容も普通自動車免許より幾分難しくなっています。自動車学校や教習所、合宿などでしっかり学科試験や運転技術を学んだのちに試験を受ける人がほとんど。独学で試験を受けることもできますが、試験合格のためには時間がかかるかもしれません。

ハイヤードライバーが、語学的な資格として有しているのは英検の資格やTOEICの資格です。会社側も英検であれば2級以上の取得が望ましいと思っており、TOEICも600点程度取れていることが望ましいと思っているようです。大学で英語関係の学科に通う生徒であれば当然取れるレベルです。最近は、英語関係の学科以外でもアジア系の語学を学ぶ学科も求められています。資格取得以外でも、留学経験があるのもその国の文化などを理解していると印象付けられるため無駄にはなりません。日本人では普通だと思っていることが、海外の人では一般的ではないことも多々あるので、文化を理解していたり、その国の国民性のようなものを知っていたりすると強みとなるでしょう。

また、海外の人にとって日本はおもてなしの精神が高いという認識があります。ハイヤードライバーはおもてなしの心がなければ勤まりません。これらに特化した資格は、秘書検定になるでしょう。幅広く受けられている資格試験であり、高校生や大学生の受験生が多いとされています。2級程度までは独学でも合格できるレベルであり、難易度の高い資格ではありません。加えて取得している人が多いことから、この資格を持っているだけで特別な能力があるとは思われないものの、持っておいて損はない資格です。資格はひとつでも多く書ける方がいいので2級程度を取得するようにしましょう。

ハイヤードライバーは、資格さえ持っていればできる仕事ではなく、印象の良さや人柄も重視されます。仕事に就いてから学ぶことも多いので、学ぶ姿勢を持ち続けることが大事です。