ハイヤーの仕事はハイレベルなスキルが必要

ハイヤーの仕事はハイレベルなスキルが必要

ハイヤーの仕事はハイレベルなスキルが必要 ハイヤードライバーを仕事とするには、ハイレベルなスキルが必要です。それは、ハイヤードライバーの仕事にはいくつもの「顔」があるからです。基本的な顔は、ドライバーという運転手としての顔でしょう。お客様を目的地まで安全に送り届けなければなりません。そのため、普通自動車免許を取得し、さらに二種免許を取得しなければドライバー業務に就くことはできません。これは、ハイヤーだけではなく、タクシードライバーでも同様のことがいえます。免許はどうにか取得したとしても、実際にハイヤーを運転するとなれば、会社のあらゆる高級車を運転しなければならないでしょう。常に担当の車があてがわれているものではないので、会社のすべての車がスムーズに運転できなければ業務に当たれません。

最近では、セダンタイプのハイヤーだけではなく、ミニバンやバンタイプのハイヤーもあるため、これらの車をスムーズに運転することが必須となります。元々運転にはある程度の自信がなければハイヤードライバーという職種を選ばないと思われるため、ハンドルさばきから厳しいという人はほとんどいないと思われます。しかし、車によって全長も違いますし、勝手が違うため慣れるまでは少々大変なこともあるでしょう。

さらに、地理的なことも頭に入れていかなければなりません。これは座学的に学んだとしても、実際の運転時に活用するのは難しいところがあります。業務に慣れていくと自然と身に付けることができると思われるので、場数を踏んでいくことが大事でしょう。しばらくの間は、先輩ドライバーが同乗してくれますし、研修もしっかり行われるのでひとつひとつ身に付けていくことが大事です。基本的にナビが搭載されていますが、そればかりに頼り切りではスムーズな運転ができませんし、お客様から話しかけられることもあります。話に夢中になって道を間違うのもどうかと思いますし、かといって適当に話を聞くこともできないでしょう。話を聞きつつ、運転に集中できるようにしなければなりません。

ドライバー業務の場数をこなすようになると、何度も訪れるスポットが確実に出てくるでしょう。そのような場所に向かうルートと、途中気をつけなければならない地理問題は自然と覚えるはずです。基本的に空港は頻繁に訪れる場所ですし、パーティーが行われる高級ホテルなども頻繁に目的地として指定されます。最初は大変、難しいと思っていた場所も頭だけではなく、体が覚えてくれます。先輩方も同じように最初のうちはひとつひとつのことをやるのに精一杯だったはずです。

運転技術に関することは、業務に慣れてきても定期的な研修が行われます。安全に運転することについての研修が多く、どれだけ事故の可能性を下げていくかが大切になってきます。そのための各種研修制度が充実しているので安心して業務にあたってください。自信がなくても、それがお客様に分からないようにすることが大事であり、自分に大丈夫だと言い聞かせることが大切です。

運転技術を習得していればハイヤードライバーとしてとりあえずお客様を目的地に送り届けることができるでしょう。しかし、お客様を目的地に送り届けるだけであればハイヤーでなくてもタクシーでもよかったとなってしまいます。ハイヤーはプラスαの要素が大事であり、この部分を気に入ってお客様は依頼されています。それは、ラグジュアリーなサービスであり、心遣いです。ハイヤーはタクシーのように自動ドアではなく、ドライバーが開けてくれますし、心遣いはまるで高級ホテルや旅館に来たかのよう。そのようなサービスができなければ、お客様もハイヤーを依頼した意味を見いだせなくなり、リピートされないという事態に。そのため、まずは心からのサービスが必要であることを忘れないようにしなければなりません。

最新のお知らせ

  • [2021年07月28日]
    ホームページを更新しました。

  • [2021年07月28日]
    運営者情報を追加しました。